こう見えて、全く自己顕示欲のないタイプなんですけど、昨今の自己アピール合戦に乗ってかないと誤解されてしまうーー!とばかりに、飲食店、特にカフェとしての私のこだわりをアピールして行こうかと。(苦手分野なので筆が進まず、いつもよりも読みにくかったらすいません。)そもそも、こんなあったりまえのことアピールせんと行けないこの世の中もどうかと思うのだが。
coffee20160715365204_TP_V


カフェへの想い。飲食店たるもの味にこだわるのは当たり前。


食べればわかることじゃないけ?私の料理に対する熱い想い(←心の声)まー、いろんな人いますからねー、飲食店をやる理由も人それぞれだと思うんですよ。儲けたいとか副業でとか、聞いた話では税金対策(?!)なんて羨ましい話もあるし・・・。ちょっと前のカフェブームの時なんか自己表現!ていう仰天理由もありましたね。(←そんな自己中心的な考えで勤まるほど飲食店て甘くない)私が飲食店をするのは、お客様に美味しいものを食べてほっこりしてもらいたいから。私もカフェを経営して約10年。私がかふぇにこをするのは、ヒトコトで言うと『お客様に幸せを提供したい』だけなんす。つまりは、地域の皆様をにこにこにしたいから。

最初の店もカフェ、二個目のカフェのこのかふぇにこもカフェじゃないですか?カフェにこだわるのは、①私がカフェが好き!②料理と空間をカジュアルに提供できる!③ジャンルにとらわれず美味しいものを提供できる!から。小学生の時から親の目を盗んで料理をしてた子供だった私(←どんな子)にとって、料理は美味しいものを食べれる魔法のようなもの。初めてのお小遣いで買ったものがレシピ本で、高校の入学祝いで『時計いらんからコーヒーメーカーくれ!』って言って家族のヒンシュクをかった私にとっては、自分が美味しいものを食べたい一心で◯十年以上ノージャンル で作ってきたわけじゃないですかー?そのうち、人にも食べさせたくなってホームパーティーを催すようになって・・・。その延長線での飲食店ってわけ。 で、ノージャンルの美味しいものを提供できる飲食店業態がたまたまカフェってわけ。

そんなわけで、 私は『自分が美味しいと思うものをお客様に食べてもらってほっこりしてもらいたいから』かふぇにこをやってるってわけ。こんな丸顔フェイスの中身はそこらへんの頑固親父と対して変わりありません。


カフェとしてのこだわり。佇まいっての?居心地も大事だよね~。

 GAK88_nekokafeneko_TP_V

カフェが大好きな私。好きなものも嫌いなものもノーリーズン!が座右の銘の私なので、好きな理由はわかりませんが、コーヒーが好きだからかな?カフェも喫茶店も大好き。予定のない休日なんかはついついカフェめぐりしちゃいます。ただね、最近予定のない休日が無いのよ~。偏見かもしれんけど、おばちゃんちゃいっつも忙しそうなイメージで、私もおばちゃんになったなーと思う今日このごろ。私が良いカフェだなぁと思うのは(←何様??)①居心地がいい②音楽がいい③意外につかず離れずの接客。まー、これをかふぇにこさんに当てはめて見ますと。


まず、居心地へのこだわりですが、インテリアはこだわってますよ。おかげさまで、インテリアのセンスは持ちあわせているみたく、かふぇにこのインテリアもお褒め頂いております。中古物件のかふぇにこさんの内装は私プロデュースです。まー、DIYで仕上げてるぐらいですからね。(今も進化中のかふぇにこさん、次はブルックリンスタイルを取り入れますよ~)後、特にこだわるのはトイレ空間。外出中、一番無防備な時間じゃないですか?トイレって。なので、個性的であることは最低条件で、周りを気にせずリラックスできるかどうかも重要ポイント。かふぇにこさんのトイレでは渓流の音がが流れていますからね。これも、騒がしい店内からトイレ空間を決別するための一つのおもてなしの心の表れ。音姫さんをヒントに前からやってみたかったんだよね~。家具も!小物も!などなどインテリアに関しては止めどなく流れ出る溢れる想い。ま、この件に関しては別記事にしてみますか・・・。


後、音楽(BGM)もワタクシ的に大事なファクター。NO MUSIC NO LIFEを地で行く私にとって、BGMって超大事。この前、とーっても素敵な蕎麦屋さんで、いままで落ち着いたジャズがかかっていたのがボサノバがかかっていて・・・。移築した重厚な建物には軽すぎるんですよ~と残念な気持ちになったり。かふぇにこさんのBGMは私の好きな70年代から80年代の洋楽を中心に、すべての年代で『おっ』と思える音楽を心がけています。藤圭子の演歌・勝新太郎や美空ひばりのジャズ・クラシック・大ヒットゲームのサントラ・ビートルズ・レディガガなどなど。今狙ってるのは徳永英明のカバーアルバム。基本、カフェなんで軽いBGMを意識的に。音楽でも楽しんでもらいたいなぁ。などと。思ったよりこの辺も熱い思いがほとばしり出るのでこの辺で。ちなみに、基本、iPhoneで流してるので気になる曲があったら聞いてください。


後は1番難しい接客だけど、カフェだからね~フランクに行きたいところ。こちとら、高級レストランじゃないんですよ~。しかも、チェーン店のようにマニュアル化したのもどうかと思うし。ある程度丁寧さを持ちつつ、フレンドリーな接客が理想なんだけど、人間だからねー。いろいろある。後、スタッフによっても違うのが当たり前なわけで、うちのスタッフは全員三者三様の接客スタイルです。お客様を喜ばせいたい!という精神が大事だともうので、接客については私も含めて本人の自主性に任せております。ま、丁寧でマニュアル化された接客ではありませんのでご了承くださいませ。あと、自ら神様と名乗るような方は神様ではないと考えておりますので、ご了承くださいませ。


通し営業も密かなカフェとしてのこだわり。カフェと名乗るからには昼休憩をとってはならねーとばかりに営業しておりますよー。『大変だねー』なんてねぎらっていただける方もおられますが、交代で休憩しておりますのでご安心ください。


カフェとして。これまでもこれからも食のエンターテナーを目指します。

N934_kanahana08_TP_V



さてさて、散々熱く語って参りましたが、ここらへんまで熟読するのは相当のかふぇにこ好きであるでしょうから、本音をぶちまけますと、カフェというカジュアル飲食店の衣を着ながらも本格的な味と空間を目指してるわけです、ハイ。つまり、カフェなのに!というギャップ萌えを狙ってるわけ。例えばー、私なんかこんな顔してめっちゃ料理上手じゃないですかー?以外に家庭的っていうギャップ萌え?つまりは羊の皮をかぶった狼。かふぇにこはカフェなのに美味しい!を目指してます。


これ、10年前の起業当時からの熱ーい想いなんだけど、私的には外食こそ満腹になりたいところなんだけどどこのカフェも腹6分目なんねー(泣)カフェ=少食の概念を覆したい!という熱い想いでかふぇにこは満腹カフェを目指します。男子も大満足するぐらいの!少食女子は敬遠するかもしれませんが、お腹が満たされないってことはかふぇにこにとって切腹ものの不祥事。残してあっても私たちは足りてよかったぁぁと心底思っておりますのでご遠慮なく!小盛りにも出来る限り対応しますので残すのが嫌な方はお申し付けください。


カフェって、地域コミュニティの場だとも思うんですよ。実際、フランスのカフェ、イタリアやスペインのバルなんつーのはめっちゃ地域に根ざしてます。かふぇにこは食を通じての娯楽を提供したいなと。将来的には料理教室なんつーのも考えてるんですが、まずはご来店のお客様に新しい発見!があるお店を目指してます。一工夫のある料理やあっと驚く料理なんかも心がけています。大きく言うと目指せ!食のエンターテナー!!これまでもこれからもかふぇにこは食のエンターテナーを目指します。


 

カフェ好きの私が理想とするカフェ。それが『かふぇにこ』




どうもなんも考えてない軽い人に見られるみたいで・・・。ま、ある意味軽いんですけど、カフェについては重い女な私でした。ま、こだわってるんですよね?なんつって言われたら、そーでもないけど?なんつって照れ隠しするから誤解されるんだけど・・・。こればっかは性分だからしょうがないよね。

こんなかふぇにこですが、皆様のご来店をこころよりお待ちしております!!

LINE@の友だち登録しませんか?
友だち追加数
お得なクーポンついてます。ショップカードも大好評!
毎月25日はにこの日!25日にクーポン送られて来ます。
おかげさまで友だち数1000人超えました。ありがとうございます。

スマホの方こちらからすぐ電話できます
スマホの方こちらからすぐマップ開きます


instaやってます。超内輪受けのレア情報満載??!

フォロミフォロミフォロミフォロミベイビー
https://www.instagram.com/cafenico0/