・・・ ・・・

かふぇにこな日々-official page-

富山県立山町にあるミックスカルチャーカフェです。お得なランチと多国籍料理が自慢です。もちろん、カフェなんでスイーツとパフェとコーヒーも美味しいよ。立山の麓にある田園カフェで時間を忘れてゆったりまったりとお過しください。

トップページ

ブログお引越ししました!


SHOP INFO
〒930−0275 富山県中新川郡立山町利田1980−24
TEL&FAX 076−482−2725
OPEN 11:00
CLOSE 21:30
L.O. 21:00
定休日 火曜日&水曜日※祝日の場合営業
LUNCH TIME14:30ラストオーダー

地図〜富山市からも近いです。〜

クリンビュー立山になってますがかふぇにこです。安心してください!あってますよ!
営業カレンダー

カテゴリ: 極私的な徒然日記

オープニングチラシも大量に発注しすぎてまだなくなってないんですけど、A4サイズって気軽においてもらうのお願いしにくいね-。身をもって経験しました。やっぱ、ここはショップカード作らんなんかなぁ~と重い腰を上げた次第。 ほら、私底辺系販促物工房『スタジオ輪葉葉』やってるじゃないですかー。ささっと作れるんだけど、完全にやる気の問題。


 DSC_0807
テーマカラーはグリーンなんだけど、ショップカードやし目立ちすぎるがもなんやからちょっとだけアースカラーにしてみました。

DSC_0806
札束やったらええんやけど。ショップカードの在庫。

流通業界の企画畑を10年、飲食店の経営を10年したワタクシ的お店に行きたくなるこだわりがこの小さなカードに詰まってます。もしショップカードなどでお悩みの方おられたらぜっひ底辺系販促物工房『スタジオ輪葉葉』にご相談ください。スタジオ輪葉葉直通ダイヤルは只今準備中です。ご要望の際はかふぇにこまで。


LINE@始めました!
友だち追加数
お得なクーポンついてます。ショップカードも大好評!


 

images


こんなローカルなお店のブログなんに、なんで苦手な標準語で書かんなんがや?!と急に気がついた。


標準語しゃべれないんですよ、マジで。標準語しゃべれんから東京さいぎだくないだ。東京さいぐぐれぇなら、外国さいぐだ。ってぐらい。山手線とかのったらしゃべれん!しゃべっけど。


もう、他地域の人が読んだら、アクセントとか違いまくりでなにゆうとっかわからんようになっかもしれんけど、もう知らん。富山県の人だけ読んでか。そして、呉西のニュアンスやけど、呉東の人も読んでか。なるだけ、濃い呉西弁の単語使わんようにすっちゃ。わからん単語あったら店来た時聞いて。 

大体、私生まれも育ちも小矢部で、もう散居村のどまんなかってくらいのところで住んどって、おばあちゃん子やったし、小矢部弁濃くて濃くて。未だに、しゃべっとって『なんけそれ?』って言われるもん。ちなみに、一昨日も言われた。そして、高岡でさー、ローカルな店で働き始めて、高岡でカフェ始めて、トータル15年?くらい高岡のおっかちゃんらちとしゃべっとって、いつのまにか高岡弁濃くなってしもて。もう、高岡弁しか喋れんもん。小矢部弁はヒアリングはばっちしで、しゃべるときはちょっと気ぃつけんなぁ高岡弁になる。 まー、生粋の高岡人からしたらまだまだやろうけど。


そっで、急に立山町やろー。呉東弁も一からやちゃ。がんばっけど。


というわけで、こっからはブログは富山弁で書く!っていう意思表示の記事でした。急にどうしたんやろ?って思われんようにね。

 LINE@始めました!
友だち追加数
お得なクーポンついてます。ショップカードも大好評!

いい大人じゃないですかー?ワタクシ。自他共に認める!って断言できるくらいの。まー、正直自分的には『ぃやぃや、それほどのおとなじゃないすよ~』とか、『あーー!!こんなんで動揺するなんて--!大人じゃない--!!』て叫びたいこと多数だけど。みんなそうだと信じてるんだけと、私だけ中身子供なんかな?確認のすべもない。


この歳になったらさー、全然動じなくてさー、どーっしりと地面に足をつけてなにがあっても仏のような顔でウンウン頷いてるもんだと思ってた。現実は全然違うし。やっぱ孔子すげ。『30にして立つ 40にして惑わず 50にして天命を知る 60にして耳従う 70にして心の欲する所に従って…』なんて言えないっす。


さてさて、こんな話しててもどんどん哲学的になるだけで話すすまんし、個人的に嬉しいことがあったんすー。この歳になるとなかなかない。なにかっつーっと。


かふぇにこさんの音楽褒められたーーー!!!!!



音楽大好きなんす、マジで。これこそ、人と比べるもんじゃないからさー、なんともいえないんですけど、音楽にかける情熱が友人と比べて熱い。ような気がする。『この曲何?』って思ったらとことん調べる。気に入ったら買う。のサイクルが人より早い。音楽的なジャンルが広いらしい。自分的には結構偏ってると思うんだけど。統計的に、低め女性ボーカル、裏声系男子ボーカル、ロシア系クラシック、がっちがちのテクノ、天才が好き。エイミー・ワインハウス、エラ・フィッツジェラルド、ペットショップ・ボーイズ、ゲスの極み乙女、ラフマニノフ、パフィーム、宇多田ヒカル、レディガガ・・・。


お店を初めてから9年目。面と向かって音楽の趣味褒められたの初めて。マジで嬉しい。言われた時は、『そうですか~?自分のすきな音楽流してるだけなんすけどね。』なんっつて格好つけてたけど、心のなかはマイムマイムマイムマイムマイムベッソソ状態。
 

もちろん、考えてるよ。自分のことだけじゃない。老若男女、新しい発見と居心地のよさを料理と空間と音楽で実現したい!なんつー深い目標もある。だれがいつだれといてもどんな精神状態でも何か発見があればっておもってる。だから、幅ひろい音楽ジャンルをランダムに流してる。つもり。でも、や~っぱベースになるのは自分の中学時代からの30年の音楽の積み重ね。心の内面を褒められたようでほんま嬉しい。


単なる日記のようになってしまいましたが、かふぇにこさんの音楽はどんな人でもおっ!と思うように気を使ってて、それを褒められて嬉しかったっていう話です。まーなんつっても、3885曲あって、全部ぶっ通しでかけても7日間かかるし、かふぇにこさん滞在期間に音楽違うって話になってもまたチャンスありますから。
DSC_0547

ライン@始めた話とは、ライン@のショップカード作ったんやけどそれよりも何よりも 音楽の話でした。

↑このページのトップヘ