お久しぶりです。毎日毎日改装で、ホント毎日毎日改装で、改装してない日はかふぇふたばで、休みがないよ~泣。自分で決めたこととはいえ、ちょっと後悔しつつもちょっとづつ出来上がっていくと嬉しかったりして、人生で初の経験のこともいっぱいあって、成長を感じたりと、後から振り返れば充実した毎日だったなぁと思い返せれるのかな。←今現在はどうしてもそうは思えない現実。

なんでこんなのになってしまったかというと、DIYの一番最初がペンキ塗りからのスタートだったじゃないですか?←てか知らんし。ペンキ塗りって、下地も楽だし、一気に仕上がるんですよ。乾かす時間を抜けはホント数時間で。で、その次が壁紙貼りだったんですけど、下地作りも大変、貼るのも大変で、一気に嫌になってしまったという。作業にも向き不向きがあることを知った44歳の夏。


んで、今日はDIYの話じゃなくて器の話。人としての器ではなくて、器って、食器の方。


FACEBOOKページでは、エスニック食料品店になっているのでなんのこっちゃ?との問い合わせも頂いているのですが、かふぇにこさんはエスニックカフェを目指しております。正確にはエスニックテイストカフェって感じかなぁ。そんな本格的じゃない日本人が楽しめるエスニック風創作料理的な。こんなアバウトな説明しかできないから『一体何屋何ですか?』と何回も聴かれるハメになるんだな。


内装のイメージは多国籍で、料理はエスニックと。したら食器はなににすればええんじゃいっっ!て話ですよ。悩む悩む。

食器屋さんに頼んだら、受験でもこんな重い本開かんぞみたいな辞書以上で電話帳以上でかろうじてブリタニカ国際大百科事典以下のカタログ数冊推定重量15㌔ってやつをもらってしまった。一からチェックして、なんとなーくイメージが付いてですな、中華料理の器ならええんじゃね?ッて感じになってきました。そして、カラフル大好きなワタクシの目に止まったのがこれ↓
 DSC_0002
かんわいくね?カタログでみるより中華感がないのがあれだけど、なんて書いてあるかわからんけど、かわいい。

DSC_0012
実際にメニューを盛りつけてみました。んで、たべて見た感想。女子の見方『かふぇにこ』さん、最後の一口まで優雅に食べられないとデートで悪い印象をあたえてしまうでしょ?でもご安心くださいませ!全国の付き合いたての中二病の方々、大丈夫でした!!スプーンで楽楽食べられます。最後のご飯粒も簡単によそえます。



というわけで、器はこれでほぼ決定かな。コップやら机やら椅子やら、いろいろ悩むことあります。もちろん、メニューも。写真は、主力メニューの『シンガポールチキンライス』なんですが、スチコンでごはんを炊いて見たんですけど、米のせいかパサパサだったので、やっぱ炊飯器かなと。悩んでおります。あー、悩む日が続きます。肉体的精神的の酷使しておりますが、今頑張ればきっと報われると信じてやっております。


オープンした暁にはぜひ常連となっていただきたい。←図々しい。